【旅大好きなスポーツ大生の旅とスポーツとラーメンと雑談ブログ】

°旅するブログ。『そのうちバックパックで世界一周します』今からしばらく、動画編集、SNS強化、情報発信力の勉強します

憧れが僕の中で桜のように咲く誇る。この憧れを僕は散らさない。

f:id:panrychang:20190508153300j:image

初海外(タイ)はバックパッカーとして、一人で日本から飛び立った。

現地で、とても素敵な女性と出会った。

 

ただ今、ドンムアン空港のGATE15の前にいる。

もう少しで飛行機に乗って日本に帰るのだ。

タイに来てから色々なことを経験した。

 

その中で、これからの自分を変える出会いがあった。

 

 

一人旅大好き、左利き、バイセキシャル、大学中退。

これだけでは良く伝わらないが、いろいろなことを経験し、魅力満開の女性だ。

 

6日間の付き合いだったが、彼女には引き寄せられる何かがあった。

 

それは、憧れだと思う。

彼女のことが大好きだ。

 

弟のように可愛がってもらい。

仲間のように語り合い。

同僚のように乾杯した。

 

別れの前日、お互いの今までの人生を語り合った。

そこで、彼女は自分がバイセキシャルだと言った。

特に、何も思わなかった。

彼女は彼女だから。

 

その時

自分の中にいたものは憧れだった。

 

彼女とはまたいつか会う。

それは間違いない。

 

これからの活力は、

「彼女と肩を並べ歩きたい。」

その思いを叶えることだ。

 

けど、叶えるのはおじさんになってからでいい。

ずっと彼女の後ろで憧れていたい。

 

今、前を歩いている彼女の背中は触れやしないし、見えもしない。

彼女が立ち止まったのなら、その間に一気に距離を縮める気でいる。

彼女の背中に触れることができる距離にたどり着いたら、背中を押してあげたい。

 

ただただ光輝く彼女の背中に、憧れていたい。

 

さっき彼女のブログを拝見した。

 

彼女の写真、文書、言葉、全て好きだった。

 

この気持ちが薄れる前に、文書に残しておきたかった。